テレワークが狙われている!
お手軽セキュリティカメラのご紹介

皆さまこんにちは。法人向けBIGLOBEモバイル担当の近藤です。

 

昨今の新型コロナウイルスの影響によりテレワークをはじめ、
遠隔で業務を行うリモートワークが急激に推進されています。

 

そんな中、窃盗事件が増加していることをご存じでしょうか?

・店舗休業等を行っている

密を避けるために人員低減をしている

このような状態を狙われてしまうケースが後を絶たないようです。
実は知人の職場でも窃盗事件が起こってしまったようで大変な思いをしていました。

 

ただ、対策をするにも監視カメラ防犯システムの導入には知識が必要であったり、費用が高額になってしまいそうでハードルが高い!

 

このような課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
今回のコラムではそんな課題の解決に役立つ、手軽に導入できるオススメのカメラをご紹介します。

そもそも監視カメラは防犯の役に立つのか?

オススメする前に、「ほんとにそうなのか?」は気になるところですよね。
結論から述べますと犯罪抑止に非常に効果があります。

 

監視カメラの導入と犯罪抑止数の調査は様々な都市や企業・団体などで検証されており、犯罪抑止効果が実証されています。

 

実際に警察庁のデータで2010年~2019年における刑法犯罪認知件数は半減しており、同庁は「防犯カメラの普及などが影響しているのではないか」との見解を示しています。

そして減った内訳の多くは窃盗だということも分かっています。 

002

監視カメラの導入が犯罪抑止に非常に効果的であることがお分かりいただけたでしょうか?

お手軽な監視カメラのご紹介

監視カメラも機種・機能がさまざまありますが、手始めに導入するならスマホだけで簡単に設定できる「スマカメ2 LTE」がおすすめです。

2

スマカメ2LTE

LTE対応。スマホだけで簡単設定
価格 34,800円(税別)

 

・スマホがあれば簡単に設定できる!

・LTE対応なので回線工事など不要、買って置くだけ!!

・リーズナブル!!!

 

と、とにかくお手軽なカメラなんです。

「スマカメ2 LTE」ってどんなカメラなの?

・高速通信が可能で設置場所を選ばない

この「スマカメ2 LTE」はSIMカードを挿入することで、スマホと同じように通信ができて専用のアプリに映像データを送ることができるんです。

 

更に防水・防塵性に優れており、駐車場・倉庫・工事現場・農地など、電源さえ確保できればインターネット環境を整備しづらい屋外でも設置可能というのもオススメポイントです。

 

・セキュリティカメラとしての性能の高さ

「スマカメ2 LTE」はフルHDの高画質映像を低容量で記録することが可能です。

 

オススメな機能としてカメラが自動で環境に対応した撮影方法を選択する機能があります。


 
例えば周囲が暗くなると自動的に暗闇での撮影に適した暗視モードに切り替わり真っ暗な室内や倉庫などの撮影ができたり、昼間は赤外線をカットするフィルターがかかるため、自然な色での撮影ができます。 

 

カメラ本体にマイクとスピーカーを内蔵しているので設置場所周辺の音声確認はもちろん、離れた場所からの声がけまでできちゃうんです。

 

更にオススメなのが動体検知機能です。
映像に動きがあった場合に自動的に録画を開始したり専用のアプリに通知をしたりと頼れる機能が備わっています。

 

常時録画と動体検知連動録画を選択できるので用途に合わせて簡単に切り替えられます。

 

「スマカメ2 LTE」についてさらに詳しく >>

通信料金について

この「スマカメ2 LTE」、高性能で基本的には買って置くだけのお手軽なセキュリティカメラなのはもうご理解いただけたかと思いますが、気になるのが通信料金がどのくらいかかるかだと思います。

 

例えばオフィスなど比較的映像の動きが少ない屋内への設置を想定すると、最高画質での録画撮影で約0.115GB/時の通信量がかかります。

 

この通信量でオフィスに人がいなくなる時間(夕方6時から翌日の朝9時まで)を15時間と想定し、更に休日は24時間撮影を行った場合の1カ月にかかる通信量をまとめると以下のようになります。

02

1カ月の通信量が約62.1GBは決して少ないとは言えません。

 

でもご安心ください!

 

BIGLOBEではこのようなセキュリティカメラに最適なプランをご用意しています!

それがセキュリティカメラのようにデータをサーバに送り続ける端末に特化した通信プラン

 

「【IoT・M2M専用】上り高速・下り低速プラン」です。

 

スマホやルーターに適用される通信プランと比較すると格段にお得な価格でご案内できるプランです。

 

05

【IoT・M2M専用】上り高速・下り低速プランの詳しい費用はこちら >>

 

いかがでしょうか?

この【IoT・M2M専用】上り高速・下り低速プランであれば大容量通信をカバーでき、毎月の費用も格段にリーズナブルな価格で「スマカメ2」の導入を可能にします。

今回想定したケースでは70GBで4,750円(税別)/月で導入可能ですが、前項でご紹介した映像の動きに反応して録画を開始する動体検知機能を使用した運用であれば更に費用を抑えることもできます。

使用例

実際にどのような場所でこの「スマカメ2」が活躍しているかをご紹介します。

事務所・オフィス

office image

空き巣被害事例において一般住居に次いで件数が多いのが事務所オフィスです。

 

不特定多数の人が多く立ち入る場所にある場合が多く、夜間や留守時を狙った空き巣被害が多発しています。 


 
この場合は現金被害の他にもOA機器や高額な設備も狙われています。 

 

こういったケースでは受付や玄関はもちろんですが、資材倉庫をはじめ、重要書類、データの保管庫や、サーバールームなどにも設置することで外部からの盗難だけではなく、内部犯罪の抑止にもつながります。

介護・福祉施設

shutterstock_127562981

近年では介護現場などで監視カメラの需要が高いと言えます。

 

介護・福祉施設は24時間体制で管理が必要な場合が多く、慢性的な人手不足が続いている業界においてマンパワーだけに頼る防犯対策には限界があります。

 

また、録画映像が業務上のトラブル発生の解決につながったり、カメラを通してお声がけが出来たりと運用方法は様々です。

まとめ

いかがでしょうか?

 

「スマカメ2 LTE」「【IoT・M2M専用】上り高速・下り低速プラン」のご紹介でした。

 

カメラを置いてスマホで見るだけ!

専用プランで通信量がお得に!

 

コロナウイルスの影響で急激に変化する日常に対応していくのは容易ではありませんが、
少しでも皆様が安心を得られるお手伝いができれば幸いです。

 

「スマカメ2 LTE」 >>
【IoT・M2M専用】上り高速・下り低速プラン >>

 

Follow me!

コメントを残す