令和時代に企業が行うべき防災準備

みなさま、こんにちは

日頃からビッグローブをご愛顧いただきありがとうございます。

ビッグローブの秋田でございます。

 

本日はビッグローブが考える防災準備を私の実体験を交えながら

ご紹介させていただきたく本記事を執筆いたしました。

 

少しでも皆様の発見や気づきに繋がると幸いです。

 

災害に対する”危機感”の欠如

皆さん防災準備ってなにかされていますか?

過去、私は基本ノーガードだったので、地震や台風の震災があるたびに

「あ、いざというときの準備ってなにもできていないな…」と気づかされておりました。

有事の際には、災害への意識も高まるのですが災害発生から1週間も経てば

そんな気持ちも薄れていきます。人間の本質的な部分です、こればかりは仕方ありません。。。

 

で、終わらせるのではなく、いざという時の備えを

被災していない「今」から向き合い考えることが大切です。

未曽有の大震災で、大混乱した日本と私

幸いなことに私は過去に大きな被災を経験したことがありません。

しかし、2011年3月11日に発生した東日本大震災は鮮明に覚えております。

 

当時私が住んでいた場所は震源地から遠く、大事には至らなかったですが、

計画停電や、食料品の需要過多で空っぽなコンビニエンスストア、

極めつけには災害発生直後、回線がなかなか繋がらず

家族との安否連絡が取れませんでした。

 

やはり災害時には自分の身の安全が確保できたら、すぐに気になるのが大切な人たちの安否です。

停電よりも、食糧難よりも、まずは家族の安否が知りたい。

 

それは当時も今も不変であり、私だけでなく多くの人々がそう考えるのではないでしょうか?

 

また、災害時のルールを事前に取り決め対策していたとしても、必ず自宅にいるわけではありません。

職場等で停電が発生した場合、唯一の連絡手段である手元のスマートフォンが便りとなります。

 

デジタルが主流の令和時代だからこそ必要な対策

東日本大震災から9年経ち、元号も平成から令和に代わった今、当時は9.8%であった国内のスマホ普及率も83.5%まで伸び、10人中8人超はスマートフォンを携帯している時代です

(ケータイ社会白書2019年版 – NTTドコモ モバイル社会研究所:参照)

 

アプリケーション経由での市区町村からのお知らせや、

キャリアからの緊急地震速報などスマートフォンを介した災害時の速報も普及し

「スマホがあればなんとかなる」と漠然と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

勿論、ラジオはいつでも有事の際には携帯できるよう準備すべきですが

並行して唯一の連絡手段であるスマートフォンを常時電源が確保できるよう

対策しておくことも非常に重要です。

 

新時代の防災グッズご紹介

そんなデジタル全盛である現代に比例して、防災グッズも日々進化しています。

今回は、そんな令和の防災グッズを厳選して皆様にご紹介させていただきます。

商品名 売価
MgBOXslim(非常時用充電器) 16,500円(税別)
※送料込み

災害時に”水だけ”で発電する充電器です。
災害時に停電等でスマホの充電が切れて連絡できない状態に。        そういった有事に備えたスマホ用充電器です。

【主な特徴】
  • 水1.5リットルを入れるだけで発電
  • スマホを20回充電できる
  • 水ではなく、お茶や海水でも可
  • 軽くて廃棄も容易
  • 長期保存可能(約10年)

 お申込みはこちらから

 

商品名 売価
椅子掛け用防災セットライト 13,000円(税別)
※送料込み

必要なものがオールインワンになったセットです。

非常時にすぐ携帯できるようカバンに包括されており、普段は椅子に巻き付けることが可能な、会社の従業員ひとりひとりにくばるための防災セットです。

勿論、個人でもお使いいただけます。

大きさ:約340mm×240mm×110mm

内容:椅子掛けバッグ×1、オサメット(ホワイト)×1、5年保存高賀の森水500ml×2、レスキューシート×1、5年保存ライスクッキー(ココナッツ味)×1、トイレONE3枚入×1、マスク×1、プレスタオルトランプ型×1、歯みがきティシュ10枚入×1、ルミカライト1本入×1

【主な特徴】
  • あらかじめひとりひとりに必要なセット一式を配れる仕様
  • バッグになっているため急な持ち運びが便利
  • バッグは椅子にかけて保管できるため場所を取らない

お申込みはこちらから

 

商品名 売価
椅子掛け用防災セットベーシック 16,000円(税別)
※送料込み

 

 

椅子掛け用防災セットライトに、ライト、ブランケット・アイマスク・耳栓・エアーマットが追加された内容になっています。

大きさ:約340mm×240mm×110mm

内容:椅子掛けバッグ×1、オサメット(ホワイト)×1、5年保存高賀の森水500ml×2、圧縮あったかブランケット×1、5年保存ライスクッキー(ココナッツ味)×1、トイレONE3枚入×1、マスク×1、アイマスク×1、耳栓×1防災用エアーマットAIRGOLON×1ルミカライト1本入×1プレスタオルトランプ型×1、歯みがきティシュ10枚入×1

【主な特徴】
  • あらかじめひとりひとりに必要なセット一式を配れる仕様
  • バッグになっているため急な持ち運びが便利
  • バッグは椅子にかけて保管できるため場所を取らない

お申込みはこちらから

 

皆さまも、いざとなってからではなく”今”から準備を

以上、いかがでしたでしょうか?

「いざとなったらなんとかなる」「自分は大丈夫」ではなく

今の内から充分な準備と対策をすることが大切です。

 

今回ご紹介した防災グッズと併せて、あらかじめ家族間での取り決めや会社のマニュアルを確認することで、有事の際に「対策」としてきっと皆さまのお役に立つと私は思います。

「備えあれば憂いなし」ですね。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

Follow me!

コメントを残す